抗体作製オプション

抗体作製オプションと注意事項


オプションについて

  • オプションとして力価判定を実施する。その場合には2羽分で追加料金が¥11,000(この場合、試験採血血清の送付はしない。送付する場合には別途送料¥1,000頂きます。)従って、力価測定こみの免疫代は¥86,000となります。
  • オプションとして任意のタイミングで追加の試験採血を1抗原(2羽)¥5,000にて実施いたします。
  • オプションとして追加免疫をウサギ1羽分¥5,000で実施いたしますが、これには全採血までの飼育費を含みます。(試験採血を含まない)
  • 上記、作業に対する経費には抗原に対する血清力価保証代金は含まれていません
    通常作業代金に¥4,000を追加することで、オプション※として「弊社が実施する血清力価判定にて抗原(目的の蛋白)に対する血清力価1,000倍以上」を保証することが追加されます。もし1,000倍に届かない場合は以下のオプションを選択できます。

【オプション】
i) 通常の作業を完了し(全採血して抗血清は予定どおり送付する)、代金の半額のみ請求する。(¥75,000+¥11,000+¥4,000)/2=¥45,000
(ii) 予定の作業代金(¥90,000)で、同じ抗原を提供していただき新しいウサギで同様の作業を実施する。ただし新しい作業については保証オプションの適応外となる。

※ ニュージーランドホワイト種は、免疫応答性に優れいているため、好評をいただいております。しかし、過去にご依頼いただいた約2%の抗原で期待する力価に届かないケースがあり、このような場合でも補償することをオプションとしてご提供させていただいております。ご不明な点は直接、お尋ねいただきますようお願い申し上げます。

※ ウサギ1羽の血清力価が1,000倍を超えていれば条件は満たされます。

※ 保証が適応されるのはキャリアー蛋白が付加された合成ペプチド抗原、精製蛋白、大腸菌等で発現した蛋白(フュージョン蛋白を含むか否かは問わない)であり、それ以外の抗原(糖脂質など)は適応外となります。

抗体作製に関する注意事項

1) 免疫中のウサギが不慮の事故で死亡した場合、下記の保証がなされます。

(i) 1羽のウサギが死亡した場合、¥20,000がディスカウントされる。
(ii) 2羽とも死亡した場合、作業代金は請求しない。

2)力価判定を依頼者自身が実施する場合、試験血清を受け取ってから1週間以内に全採血の是非を含めた次の指示を実施しなければなりません。
何らかの理由で判定を遅延させた場合、ウサギの飼育代金が追加されます。この場合、請求される飼育費は試験血清を受け取ってから1週間以降は¥500/日・ウサギとなります。

3)お届けする抗血清は1羽あたり約50mlです。これに関しては40mlを最低量として保証いたします。これに満たない場合は通常の作業代金から¥8,000をディスカウントいたします。

微生物受託検査・抗体作製についてお申し込み・ご質問はこちらから

ウサギ以外の小動物(ニワトリ・モルモット・マウス・ラット等)の抗体作製も可能です。
マウスモノクロ腹水(mAb)調製やご希望のプロトコールについてもご相談下さい。

TEL:073-499-0321(代)  FAX: 073-499-0323 担当 中川