推奨ブラウザ: Firefox 63.0以降、Google Chrome 70.0以降。android版ブラウザでは一部表示に問題が出る可能性があります。

株式会社 紀和実験動物研究所

弊社の実験動物は、株式会社 つくば遺伝子研究所での組織アレイに用いられています。

※株式会社つくば遺伝子研究所ではDNA解析RNA解析も受託しております。

各種実験動物

ウサギ (Tla:JW)

1973年に在来種JWウサギの飼育から、1977年にコクシジュームおよびパスレッフリのクローズドコロニーを確立し、その後、帝王切開によりSPF化したウサギです。
ハムスター (シリアンハムスター)

数種類あるハムスターの中でも、主として実験動物として使用されているのがシリアンハムスター、別名ゴールデンハムスター(Mesocricetus auratus)です。
感染実験及び培養細胞材料用として採用されることが多く、歯学、遺伝学、毒性学などの各領域、老化や学習、行動の研究にも利用されています。
イヌ (ビーグル)

ビーグルは体型も中型で、性格は温順であるところから、現在では薬物の安全試験のような一般的な試験・検定には必要不可欠な動物と言えます。
(財)動物繁殖研究所と提携し、供給いたします。
※生別・頭数・月齢などの諸条件は、ご希望により取り揃えいたしますので、ご相談ください。
その他の動物
ミニブタ・サル・メンヨウ等
 弊社では、近畿大学生物理工学部および近畿大学生石農場と共同して、KMPミニブタを開発しました。KMPミニブタは、SPF環境で飼育しており、最近問題になっています、E型肝炎ウイルスもコントロールしています。