格安ウサギポリクローナル抗体作製!トップページ 抗体作製 web見積もりとご注文 よくあるご質問 株式会社 紀和実験動物研究所 東京実験動物 株式会社 会社概要






問い合わせ・抗原の送り先
株式会社
紀和実験動物研究所
本社・生産所
〒640-1473 和歌山県海草郡紀美野町毛原宮486
TEL: 0734-99-0321(代)
FAX: 0734-99-0323
担当:中川

最終免疫後、1週間目に採血してお客様へお届けします。
十分に力価(※2)が上昇している場合は全採血し、お客様の望む力価に達していない場合はオプションにて、ご希望の回数、追加免疫を実施いたします。

※1 ELISA試験:1回2羽を11,000円にて実施します。
※2 ウサギ1羽の血清力価が1,000倍を超えていれば
    条件はみたされると判断致します。

・抗体力価の判定方法


分子量が2,500以上ある場合は合成ペプチド単独でも免疫原として使用可能ですが、キャリアー蛋白を付加していないペプチドよりは免疫原性は低いのが通常です。また発現タンパクをフュージョン蛋白で精製したものはフュージョン部分を切り離さず、そのまま免疫原として使用することも可能です。いっぽう免疫動物が持っている蛋白抗原については、そのまま免疫すると非自己と認識しにくいので抗体ができにくく、キャリアー蛋白をつける(フュージョン蛋白を切り離さない)ことが望まれます。


判定方法には (1)ターニングポイント法、(2)エンドポイント法の2通りあります。
抗血清の希釈倍率をあげて吸光度をプロットすると、上記グラフのようにシグモイドカーブを描きます。
ターニングポイント法は上に凸のカーブから下に凸のカーブへと移行する移行ポイントを表す希釈倍率で表現されます。いっぽう高希釈倍率でも傾きがある限り抗体としての反応があると解釈し、その変化が有意であるとされる最高希釈倍率で表現されるのがエンドポイント法です。一般的にはエンドポイント法ではターニングポイント法で表される力価より約10倍ほど高く判定される傾向にあります。弊社ではターニングポイントが示す希釈倍率をもって抗体の力価としています。

・抗体力価判定に必要抗原量


抗原が50μgほどあれば十分です。
ただしキャリアー蛋白がカップリングされている抗原は不適ですので、付加前の蛋白が必要です。
同様に発現タンパクの場合もフュージョンタンパクを切り離したものが必要です。
また抗体作製ご依頼の際に必ず力価判定の必要の有無をご連絡ください。
ご依頼いただいた場合はグラフおよび表をエクセル書類としてメールに添付してお届けします。

・お客様が血清力価判定をされた場合

血清力価の判定は試験採血をお受け取りいただいてから1週間以内にメール等でご連絡ください。
お客様の検討にて判断が難しい場合はいつでもお尋ねください。
1週間を過ぎてご連絡がない場合は、その時点より指示がいただけるまでの日数で飼育費をご請求させていただきます。ご注意いただきますようお願い申し上げます。(\500 / 1羽・日)
COPYRIGHT(C) 2011 Kiwa Laboratory Animals.co.,ltd All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】